岩室の民俗伝承

  1. 概略

  ・岩室は、歴史的には1500年代から住民が住むようになったと思われる。
   それまでは、東西に走る西高野街道があり、すでに900年代からの街道であって、通行されて
   いたようである。

   東側には、四天王寺から下高野街道が走り、おわり坂で合流する。少し北側の池之原から
   西に坂道を上がってくると岩室で西高野街道と合流し、また天野街道から和泉方面に南下する
   ことができる。

  ・人口も、明治9年には、290人。70戸。(大阪全史)

   昭和43年、推定71戸、280名。100年ほど経っても、ほとんど変化がない。

・耕地面積、明治8年、31町歩あまり。約10000平方メートル。ほとんどが、畑地で、山の斜面で
  ミカンやブドウの果樹栽培をしていた。

 ・『堺市史』続第一編 「東陶器村では、昭和3年に大地主児山保之が、その所有の耕地約70町歩
  を小作人300人に全部譲った。」とあり、岩室村では、山株と称して7畝(約700㎡)ほどの株を
  持っていた家が、6軒あった。また、一説には、陶器村の共有山林を、陶器神社氏子36軒衆で分
  割したともいわれる。いずれにしても、村で古くから家があった家々であろう。言い伝えでは、
  開拓百姓は、岩本か中井であろうという。

  2. 農耕

   村の農耕は、二毛作が一般的であった。5月にもみまき。6月田植え。7月から、4回の草取り。近所
  数軒での「ゆい(結)」。11月初めの「あき」(稲刈)も「ゆい」で行った。同期に、麦の種まき、
  肥入れ。2月に麦踏み。4月おおよせ。6月に刈り取り(麦のあき)。そのほかに、なたね、薩摩芋、
  戦後昭和30年頃、サトウキビが村全体で栽培されて、製糖工場(永原氏)あり、村営製造されたこと
  がある。

   牛は、ほとんどの農家で飼っていて、毎年5月はじめ(田起こしの前)に、牛の養生講といって、一カ
  所に集め、爪を切って、牛まわし場(河野氏前)で回して連れて帰る。また、村には数カ所「牛つなぎ
  場」(1坪ほどの三角地)があった。(松井氏南側角に残存)。正月の「牛の雑煮」や、葬式には「牛の
  目隠し」など、大事にしていた様子が、うかがわれる。

   瀬戸内気候であり、また丘陵地帯で尾根伝いなので、川がなく、多くのため池が作られた。これらの
  池は、その池を利用する田の持ち主が共有する。(近年、水利組合となる)。そのため、水あらそいが
  絶えず、文献にも多く残されている。池之原に行くなかしん池、しりや池の水争いも有名。

   田の神。田植えの時「田の神さん」といって苗一束をススキに挿して、箕に入れ、赤飯・豆を入れて、
  麦こがし(はったいこ)を入れて、家の庭で祭る。正月のしめ縄のわらで苗をくくるという。そして、
  田植えの終わった日を「けかけ」。次の日を「けかけ(けつけ)休み」と言って、休む。その日から
  「ひのつじ(昼寝)」があり、八朔まで続く。

 

始めに 堺市岩室・晴美台地区の歴史 大阪狭山の岩室
 ■40年前の地図 ■岩室の民俗 ■岩室の通過儀礼 ■岩室の年中行事
 ■岩室の民間信仰 ■岩室山観音院 ■陶器城 ■陶荒田神社 
 ■三都神社 ■天野街道 ■高野街道 
■陶器山七不思議
 ■泉北周辺の地名由来