今も続いている伝統行事

初午の餅まき 「おくろさんの餅まき」(稲荷初午大祭)

 

 毎年岩室では、2月11日(祝)実施。「おくろさんの餅まき」(稲荷初午大祭)があります。古い人は、「おくろさんの餅まき」といいます。例年多くの人出があります。(画像は、H26年2月11日)15:00のお寺の鐘と同時に、大きな鏡餅が投げられて、いよいよ始まります。ざっと100人以上来られてるでしょうか。大きな歓声があがり、あっという間に終る感じでますた。番号の付いたお餅を拾うと当たりです。本堂で、豪華景品と交換します。

以前は、2月の初午の日に稲荷社(福寿大明神)が、単独で餅まきをしていました。また別に二の午の日に「おくろさんの餅まき」がありました。今では、「おくろさん」に吸収される形で、それも11日に固定して行われている岩室の伝統行事です。「稲荷初午大祭」と名付けています。
 ※初午は、いまも全国にその風習があり、五穀豊穣や無病息災を祈る春先に行う季節行事です。

 「おくろさん」は、新坂(新聞屋さんから観音端にあがる坂道)にいた狸「くろ」があまりに下を通る人々に砂を撒いていたずらをするので、狐を操ることができるおばあさんが、狭山病院手前の信号の西側の山(首つり山、腹切り山)で、毎年油揚げを撒いてお稲荷さんを祭っていたが、その人に頼んで熊野権現さんの横の稲荷社に封じ込めてもらったという。以来、このお稲荷さんを「おくろさん」と呼ぶ。戦前には、世話人がいたが、今では村の観音端・上・下の3組が当番で、小さな丸餅をつくり餅まきをして、お稲荷さんには、酒一升と赤飯を供えるという。(昭和50年ころの伝承聞き取り)

 ※岩室の「砂まきたぬき」の伝承は、「おわり坂の狸」、「こんぴら道(西小学校への道)の狸」などがある。腹切り山のところでは、毎年「キツネ祭り」といって、キツネのばあさんが油揚げとぼた餅を、八方に向かって、「山の狐さん、お帰りあれ。」と言って、投げて祭ったという。
 ※狐の伝承は、腹切り山、北薮、新池、赤坂、土橋、湯山、こまが谷、乙女池の西側、東側の8か所。池に火柱が立ったり、弁当が空になったり、道を迷わせたりするいたずらが絶えなかったという。
 ※「首つり山、腹切り山」の地名は、南北朝の古戦場か秀吉の紀州攻めの伝承かもしれない。

当番は旧村の3組の輪番です。実施費用は、夏の地蔵盆の時のいただいたご寄付と自治会からの支援金、そして各個人・商店などのご寄付です。


地蔵盆 
 (岩室観音院 地蔵盆)
 
 毎年8月23日は、寺の地蔵盆・・昔は、高野講がしていたが、いまは組の持ち回り。子どもが生まれた家は、名前入りの提灯を作り、奉納します。子どもたちに、お供えのお菓子と赤飯を配ります。(歴史的には、「地蔵盆」は関西を中心にいまもあります。本来は、民間の産土信仰の名残ですが、仏教では地蔵菩薩の命日が24日であったことから、盂蘭盆会の仏教行事と一体化して、仏教行事でもあります。)

 現在は、お昼から観音院本堂で、お寺の行事として院住さんのお話と外部からのマジックショーなどがあって、その後地蔵堂前でお祈りして、お菓子の配布です。配布の時には、お寺の鐘が鳴り響きます。当番は、旧村の三つの組が輪番で担当します。堺市側と大阪狭山市側が一体となって、行います。

 

・寺の地蔵さん・・5体。(最近7体になっているが)歯痛の地蔵、子供を守ってくれる地蔵。子どもを授けてくれる地蔵など。子どもたちは、七五三に自分の名前を書いたよだれ掛けをかけたといいます。。

・小谷池の地蔵さん・・新しい道路建設のために、コーナンの信号のところにあった小谷池がなくなり、その地蔵さんもお墓にあったが、今は、お寺の地蔵堂に移っています。ある人が、付近の藪を焼いたとき、この地蔵さんも黒こげになってしまい、その人は、その後寝込んで死んだという話しも残っています。

・赤坂の下の池のほとりにあった地蔵さんもあり、お寺の地蔵堂には、お地蔵さんが7体あります。





 また、8月24日には、辻の地蔵盆・・西高野街道と天野街道の三叉路で、地元の有志の数軒でお祀りしています。
小さなお堂に地蔵さんが二体。山中家、門脇家のものだといいます。昔から三角地に家を建てると地蔵さんを祭らねばならないといい、その門脇家が祭ったそうです。この二体は夫婦だともいい、。山中家が、一度家に持ち帰ったが、その夜に「さみしい、さみしい。」と当主の枕元に地蔵が立ったので、辻に戻した。大正の終わりに、山中のおいとさんが、赤飯を重箱に入れて、お盆に近所の子供たちに分けてあげたのが始まりで、地蔵盆を始めたということです。
 昭和50年代までは、お寺の地蔵盆よりも規模が大きくて、あの天野街道分岐の三叉路の前で、提灯を吊り、盆踊りも踊っていました。いまは、車も多くて、難しいです。