掛け軸 (納経軸)

  納経帖は、もちろん札所を打った証として、各札所でご朱印をいただくものですね。
  同じ納経帖に何度も、重ね印をして真っ赤になっているものを見かけます。

  私は、1度目は母に。2度目は自分の。また、白衣に押印してもらったのも。
  今、三度目に母の希望もあって、お軸をいただくことにしました。

  いくつも種類があります。真ん中の図柄がお大師様ですが、天蓋などの装飾で値段が違います。
  だいたい12.000円くらいから20.000円くらいまであります。

  以前、ある人から軸にも、お葬式しか架けないものと、法事や盆正月にも床の間に架けるものと
  あると聞きまして、仏壇屋さんや数珠屋さんにも聞きましたが、結論的には区別はないようです。

    

  遍路で回るための納経軸といわれるものは、購入時にビニールのケースがついています。
  マジックテープで開け閉めします。便利なのですが、雨の心配と出し入れ時に縁が当たって
  何度も出し入れすると、軸自体が痛んでしまいます。また、マジックテープが軸の紐をひっかけて
  しまい、どうも使いにくい。雨の日には、大きなゴミ用ビニール袋に入れて持ちます。

  そこで、文房具屋さんで、製図の図面用プラスチックケースを手に入れました。
  コクヨのケースで1780円ですよ。長さが変動します。軸は、直径4cm、長さ60cmです。
  丸いケースです。軽いし、雨の心配がありません。リュックに指して歩きます。

       

  驚きました。最近の掛け軸ってすごいですね。中を見ますと、科学繊維のシートが貼ってあります。
  下の印刷の順番に上のシートを合わせて、シートに文字とご朱印をいただきます。

  よく札所で見かけるドライヤーは、冷風で筆文字を乾燥させるためのものです。あの15cmくらいの
  角材はそのご朱印部分を広げて、ドライヤーをあてる止め木なんですね。温風だとシートが変形して
  すべてがだめになることがあるそうです。

  無事満願して、お礼参りと高野山のもいただいたら、表装します。仏具屋さんにお願いします。
  聞くところによりますと、あのシートをほんもののお軸に熱転写するそうです。

  苦労した納経軸の中芯は、お大師様の杖と同じですから、お寺に奉納するそうです。
  また、首尾よく完成したお軸には、桐の箱ですね。

       

  平成19年8月2日 1番霊山寺に戻りました。満願です。
  8月4日に高野山に上がり、奥の院でご朱印をいただき、表具に出していました。

  9月20日、お彼岸に間に合いましたよ。でも、まだ箱の表書きがありません。
  箱の表書きは、高野山の納経所でお願いすれば書いていただけます。

  表具は、ピンきりですから好みやお値段と相談ですね。一部薄かったり、わずかな汚れなど
  思い出が一杯です。でも、やっぱりお軸を持ってのお参りは、大変でした。
 
  母親の家の床の間に掛けに行ってきます。

  11月4日やっと高野山に箱を持って上がりました。表書きをしていただきました。
  奥の院納経所で、3.000円でした。

    表も裏もセットです。すごいですね。何人ものひとが覗きに。

  今後、何十年我が家にあるかは分かりませんが、一応家宝ということで。