「寒山拾得

●昨日、インターネットで森鴎外「寒山拾得」を調べていましたら、もう著作権がない文学を、
たくさんwebページにしている大学があります。

ftp://ftp.matsusaka-u.ac.jp/pub/etexts/kanzan.txt

textファイルですので、読みやすくしました。(17kb)
おそらく、松坂大学にweb著作権が発生しているはずです。個人使用ですから、許してもらえると思います。


               寒山拾得    森鴎外

 トウ ジョウガン ハジメ
 唐の貞觀の頃だと云ふから、西洋は七世紀の初日本は年號と云ふもののやつと
               リョキュウイン
出來掛かつた時である。閭丘胤と云ふ官吏がゐたさうである。尤もそんな
                                    リョ タイシュウ シュボ
人はゐなかつたらしいと云ふ人もある。なぜかと云ふと、閭は台州の主簿になつ
                           トウジョ
てゐたと言ひ傳へられてゐるのに、新舊の唐書に傳が見えない。主簿と云へば、
シ シ    タイシュ                        ドウ
刺史とか太守とか云ふと同じ官である。支那全國が道に分れ、道が州又は郡
                       ガウ          リ
に分れ、それが縣に分れ、縣の下に郷があり郷の下に里がある。州には刺史

と云ひ、郡には太守と云ふ。一體日本で縣より小さいものに郡の名を附けて
              ヨシダトウゴ
ゐるのは不都合だと、吉田東伍さんなんぞは不服を唱へてゐる。閭が果たして台

州の主簿であつたとすると日本の府縣知事位の官吏である。さうして見ると、

唐書の列傳に出てゐる筈だと云ふのである。しかし閭がゐなくては話が成り立

たぬから、兎も角もゐたことにして置くのである。
                               チョウアン
 さて閭が台州に著任してから三日目になつた。長安で北支那の土埃を披つ

て、濁つた水を飲んでゐた男が台州に來て中央支那の肥えた土を踏み、澄んだ水
                                        タ ニンズ  シタ
を飲むことになつたので、上機嫌である。それに此三日の間に、多人數の下
ヤク
役が來て謁見をする、受持々々の事務を形式的に報告する。その慌ただしい中

に、地方長官の威勢の大きいことを味つて、意氣揚々としてゐるのである。
                                             コクセイジ
 閭は前日に下役のものに言つて置いて、今朝は早く起きて、天台縣の國清寺を

さして出掛けることにした。これは長安にゐた時から、台州に著いたら早速

往かうと極めてゐたのである。
                                   インネン
 何の用事があつて國清寺へ往くかと云ふと、それには因縁がある。閭が長安

で主簿の任命を受けて、これから任地へ旅立たうとした時、生憎こらへられ

ぬ程の頭痛が起つた。單純なレウマチス性の頭痛ではあつたが、閭は平生か

ら少し神經質であつたので、掛かり附の醫者の藥を飲んでもなかなかなほらな

い。これでは旅立の日を延ばさなくてはなるまいかと云つて、女房と相談して
          コオンナ
ゐると、そこへ小女が來て、「只今御門の前へ乞食坊主がまゐりまして、御主

人にお目に掛かりたいと申しますがいかがいたしませう」と云つた。

 「ふん、坊主か」と云つて閭は暫く考へたが、「兎に角逢つて見るから、

こゝへ通せ」と言ひ附けた。そして女房を奧へ引つ込ませた。
       カ キョ            ケイショ        ゴン
 元來閭は科擧に應ずるために、經書を讀んで、五言の詩を作ることを習つたば
                                         ソウリョ
かりで、佛典を讀んだこともなく、老子を研究したこともない。しかし僧侶や道

士と云ふものに對しては、何故と云ふこともなく尊敬の念を持つてゐる。自分の
エ トク
會得せぬものに對する、盲目の尊敬とでも云はうか。そこで坊主と聞いて逢はう

と云ったのである。
                     ニン               アカ   ヤブ   ホウエ
 間もなく這入つて來たのは、一人の背の高い僧であつた。垢つき弊れた法衣を

着て、長く伸びた髮を、眉の上で切つてゐる。目に披つてうるさくなるま
                          テツバツ
で打ち遣つておいたものと見える。手には鐵鉢を持つてゐる。

 僧は默つて立つてゐるので閭が問ふてみた。「わたしに逢ひたいと云はれたさ

うだが、なんの御用かな。」

 僧は云った。「あなたは台州へお出なさることにおなりなすつたさうでござ

いますね。それに頭痛に惱んでお出なさると申すことでございます。わたくし

はそれを直して進ぜようと思つて參りました。」
                           シュッタツ
 「いかにも言はれる通で、其頭痛のために出立の日を延ばさうかと思つ
                                 ヤクホウ
てゐますが、どうして直してくれられるつもりか。何か藥方でも御存じか。」
        ダイ          マボロシ         ショウジョウ
 「いや。四大の身を惱ます病は幻でございます。只清淨な水が此受糧器に
              マジナヒ
一ぱいあれば宜しい。呪で直して進ぜます。」

 「はあ呪をなさるのか。」かう云って少し考へたが、「仔細あるまい、

一つまじなつて下さい」と言つた。これは醫道の事などは平生深く考へてもを

らぬので、どう云ふ治療ならさせる、どう云ふ治療ならさせぬと云ふ定見がない

から、只自分の悟性に依頼して、其折々に判斷するのであつた。勿論
                               ニンセン
さう云ふ人だから、掛かり附の醫者と云ふのもよく人選をしたわけではなかつ
   ソ モン  レイスウ
た。素問や靈樞でも讀むやうな醫者を搜して極めてゐたのではなく、近所に住ん

でゐて呼ぶのに面倒のない醫者に懸かつてゐたのだから、ろくな藥は飲ませ

て貰ふことが出來なかつたのである。今乞食坊主に頼む氣になつたのは、なん

となくえらさうに見える坊主の態度に信を起したのと、水一ぱいでする

呪なら間違つた處で危險な事もあるまいと思つたのとのためである。丁度

        レンジユウ ベニリョウジ キアイジュツ
東京で高等官連中が紅療治や氣合術に依頼するのと同じ事である。
    コオンナ              ハチ
 閭は小女を呼んで、汲立の水を鉢に入れて來いと命じた。水が來た。僧は
                                  ショウジョウ
それを受け取つて、胸に捧げて、ぢつと閭を見詰めた。清淨な水でも好ければ、

不潔な水でも好い、湯でも茶でも好いのである。不潔な水でなかつたのは、閭が

ためには勿怪の幸であつた。暫く見詰めてゐるうちに、閭は覺えず精神

を僧の捧げてゐる水に集注した。
       テツバツ
 此時僧は鐵鉢の水を口に含んで、突然ふつと閭の頭に吹き懸けた。

 閭はびつくりして、背中に冷汗が出た。

 「お頭痛は」と僧が問ふた。
ナホ
 「あ。癒りました。」實際閭はこれまで頭痛がする、頭痛がすると氣にして

ゐて、どうしても癒らせずにゐた頭痛を、坊主の水に氣を取られて、取り逃が

してしまつたのである。
    シヅ                                   イトマ
 僧は徐かに鉢に殘つた水を床に傾けた。そして「そんならこれでお暇をいたし

ます」と云ふや否や、くるりと閭に背中を向けて、戸口の方へ歩き出した。

 「まあ、一寸」と閭が呼び留めた。

 僧は振り返つた。「何か御用で。」

 「寸志のお禮がしたいのですが。」
            グンショウ     キョウマン シャクブク       コツジキ
 「いや。わたくしは群生を福利し、驕慢を折伏するために、乞食はいたします

が、療治代は戴きませぬ。」

 「なる程。それでは強いては申しますまい。あなたはどちらのお方か、そ

れを伺つて置きたいのですが。」
                                 コクセイジ
 「これまでおつた處でございますか。それは天台の國清寺で。」

 「はあ。天台にをられたのですな。お名は。」
  ブカン
 「豐干と申します。」

 「天台國清寺の豐干と仰しやる。」閭はしつかりおぼえて置かうと努力する

やうに、眉を顰めた。

 「わたしもこれから台州へ往くものであつて見れば、殊さらお懐かしい。

序だから伺ひたいが、台州には逢ひに往つて爲めになるやうな、えらい人は

をられませんかな。」
                    ジットク                  フ ゲン
 「さやうでございます。國清寺に拾得と申すものがおります。實は普賢でござ
                     カンガン    セキクツ          カンザン
います。それから寺の西の方に、寒巖と云ふ石窟があつて、そこに寒山と申す
             モンジュ                 イトマ
ものがおります。實は文殊でございます。さやうならお暇をいたします。」かう

言つてしまつて、ついと出て行つた。

 かう云ふ因縁があるので、閭は天台の國清寺をさして出懸けるのである。
――――――――――――――――
 全體世の中の人の、道とか宗教とか云ふものに對する態度に三通りある。
                    エイエイエキエキ
自分の職業に氣を取られて、唯營々役々と年月を送つてゐる人は、道と云ふも

のを顧みない。これは讀書人でも同じ事である。勿論書を讀んで深く考へた
                                        ヒ ビ   ツトメ
ら、道に到達せずにはゐられまい。しかしさうまで考へないでも、日々の務だけ
                    ムトンジャク
は辨じて行かれよう。これは全く無頓著な人である。
チャクイ
 次に著意して道を求める人がある。專念に道を求めて、萬事を抛つことも

あれば、日々の務は怠らずに、斷えず道に志してゐることもある。儒學に入つて

も、道教に入つても、佛法に入つても基督教に入つても同じ事である。かう

云ふ人が深く這入り込むと日々の務が即ち道そのものになつてしまふ。
ツヅ
約めて言へばこれは皆道を求める人である。
    ムトンジャク
 この無頓著な人と、道を求める人との中間に、道と云ふものゝ存在を客觀的に

認めてゐて、それに對して全く無頓著だと云ふわけでもなく、さればと云つて自
                                    アキラ
ら進んで道を求めるでもなく、自分をば道に疎遠な人だと諦念め、別に道に親

密な人がゐるやうに思つて、それを尊敬する人がある。尊敬はどの種類の人にも

あるが、單に同じ對象を尊敬する場合を顧慮して云つて見ると、道を求める人な

ら遲れてゐるものが進んでゐるものを尊敬することになり、こゝに言ふ中間人物

なら、自分のわからぬもの、會得することの出來ぬものを尊敬することになる。
タマタマ セイ
そこに盲目の尊敬が生ずる。盲目の尊敬では、偶それをさし向ける對象が正
コク
鵠を得てゐても、なんにもならぬのである。
――――――――――――――――
 リヨ          ヨ
 閭は衣服を改め輿に乘つて、台州の官舍を出た。從者が數十人ある。
                        ショウコウ       シ ホウケイ
 時は冬の初で、霜が少し降つてゐる。椒江の支流で、始豐溪と云ふ川の左岸
  ウ カイ                 クモ
を迂囘しつつ北へ進んで行く。初め陰つてゐた空がやうやう晴れて、蒼白い日が
   モミジ
岸の紅葉を照らしてゐる。路で出合ふ老幼は、皆輿を避けて跪く。輿の中

では閭がひどく好い心持になつてゐる。牧民の職にゐて賢者を禮すると云ふの

が、手がらのやうに思はれて、閭に滿足を與へるのである。

 台州から天台縣までは六十里半程である。日本の六里半程である。ゆるゆ
     カ                                        ヒル
る輿を舁かせて來たので、縣から役人の迎へに出たのに會つた時、もう午を過ぎ
                    チ ソウ
てゐた。知縣の官舍で休んで、馳走になりつゝ聞いてみると、こゝから國清寺ま
    ツマサキア                           ヨ   イ
では、爪先上りの道が又六十里ある。行き著くまでには夜に入りさうである。

そこで閭は知縣の官舍に泊ることにした。

 翌朝知縣に送られて出た。けふもきのふに變らぬ天氣である。一體天台

一萬八千丈とは、いつ誰が測量したにしても、所詮高過ぎるやうだが、兎に角
トラ                                ハカド        ヒル
虎のゐる山である。道はなかなかきのふのやうには捗らない。途中で午
メシ                                        チ シャダイシ
飯を食つて、日が西に傾き掛かつた頃、國清寺の三門に著いた。智者大師の滅
    ズイ  ヨウダイ
後に、隋の煬帝が立てたと云ふ寺である。
      シュボ ゴサンケイ                       ダウゲウ
 寺でも主簿の御參詣だと云ふので、おろそかにはしない。道翹と云ふ僧が出迎
                        キョウオウ                    ブ
へて、閭を客間に案内した。さて茶菓の饗應が濟むと、閭が問ふた。「當寺に豐
カン
干と云ふ僧がをられましたか。」
                              サキ           ウシロ
 道翹が答へた。「豐干と仰やいますか。それは先ころまで、本堂の背後の
               アンギャ      キリ
僧院にをられましたが、行脚に出られた切、歸られませぬ。」

 「當寺ではどう云ふ事をしてをられましたか。」
                           ツ
 「さやうでございます。僧共の食べる米を舂いてをられました。」
             ホカ
 「はあ。そして何か外の僧たちと變つたことはなかつたのですか。」

 「いえ。それがございましたので、初め只骨惜みをしない、親切な同宿だ

と存じてゐました豐干さんを、わたくし共が大切にいたすやうになりまし

た。すると或る日ふいと出て行つてしまはれました。」

 「それはどう云ふ事があつたのですか。」
                               トラ   ノ
 「全く不思議なことでございました。或る日山から虎に騎つて歸つて參られた

のでございます。そして其侭廊下へ這入つて、虎の背で詩を吟じて歩かれま

した。一體詩を吟ずることの好きな人で、裏の僧院でも、夜になると詩を吟

ぜられました。」
          ア ラ カン            アト
 「はあ。活きた阿羅漢ですな。其僧院の址はどうなつてゐますか。」
      アキヤ
 「只今も明家になつてをりますが、折々夜になると、虎が參つて吼え

てをります。」

 「そんなら御苦勞ながら、そこへ御案内を願ひませう。」かう云つて、閭は座

を起つた。
      クモ     イ
 道翹は蛛の網を拂ひつゝ先に立つて、閭を豐干のゐた明家に連れて行つた。
                  ウスクラ
日がもう暮れ掛かつたので、薄暗い屋内を見廻すに、がらんとして何一つ無い。
        カガ             アシアト      タマタマヤマカゼ
道翹は身を屈めて石疊の上の虎の足跡を指さした。偶山風が窓の外を吹
       ウズタカ                     セキバク
いて通つて、堆い庭の落ち葉を捲き上げた。其音が寂寞を破つてざわざわと鳴
                                       ハダ アワ
ると、閭は髮の毛の根を締め附けられるやうに感じて、全身の肌に粟を生じた。
    セワ
 閭は忙しげに明家を出た。そして跡から附いて來る道翹に言つた。「拾得

と云ふ僧はまだ當寺にをられますか。」
                                              クリヤ
 道翹は不審らしく閭の顏を見た。「好く御存じでございます。先刻あちらの厨

で、寒山と申すものと火に當つてをりましたから、御用がおありなさるなら、

呼び寄せませうか。」

 「はゝあ。寒山も來てをられますか。それは願つても無い事です。どうぞ御苦
  ツイデ
勞序に厨に御案内を願ひませう。」

 「承知いたしました」と云つて、道翹は本堂に附いて西へ歩いて行く。
     ウシロ
 閭が背後から問ふた。「拾得さんはいつ頃から當寺にをられますか。」

 「もうよ程久しい事でございます。あれは豐干さんが松林の中から拾つて歸
    ステゴ
られた捨子でございます。」

 「はあ。そして當寺では何をしてをられますか。」
ジョウザ コウ
 「拾はれて參つてから三年程立ちました時、食堂で上座の像に香を上げたり、

燈明を上げたり、其外供へものをさせたりいたしましたさうでございます。

そのうち或る日上座の像に食事を供へて置いて、自分が向き合つて一しよに食

                               ビンズルソンジャ
べてゐるのを見つけられましたさうでございます。賓頭盧尊者の像がどれだけ尊

いものか存ぜずにいたしたことゝ見えます。唯今では厨で僧共の食器を洗は

せてをります。」

 「はあ」と言つて、閭は二足三足歩いてから問ふた。「それから唯今寒山と

仰しやつたが、それはどう云ふ方ですか。」
  カンガン                                 セキクツ
 「寒山でございますか。これは當寺から西の方の寒巖と申す石窟に住んでをり
                       アラ              メシ  サイ
ますものでございます。拾得が食器を滌ひます時、殘つてゐる飯や菜を竹の筒に

入れて取つて置きますと、寒山はそれを貰ひに參るのでございます。」
                ウチ
 「なる程」と云つて、閭は附いて行く。心の中では、そんな事をしてゐる
                    トラ ノ                    イナカ モノ
寒山、拾得が文殊、普賢なら、虎に騎つた豐干はなんだらうなどと、田舍者が芝

居を見て、どの役がどの俳優かと思ひ惑ふ時のやうな氣分になつてゐるのである。
――――――――――――――――
                               クリヤ
 「甚だむさくるしい所で」と云ひつゝ、道翹は閭を厨の中に連れ込んだ。
                       ニハカ
 こゝは湯気が一ぱい篭もつてゐて、遽に這入つて見ると、しかと物を見
                                 カマド
定めることも出來ぬ位である。その灰色の中に大きい竃が三つあつて、どれ
       マキ    カ
にも殘つた薪が眞赤に燃えてゐる。暫く立ち止まつて見てゐるうちに、石
                   ツクエ
の壁に沿ふて造り附けてある卓の上で大勢の僧が飯や菜や汁を鍋釜から移し

てゐるのが見えて來た。

 この時道翹が奧の方へ向いて、「おい、拾得」と呼び掛けた。
                           カマド フタ
 閭が其視線を辿つて、入口から一番遠い竃の前を見ると、そこに二
       リ
人の僧の蹲つて火に當つてゐるのが見えた。
 ヒトリ                              ゾウリ
 一人は髮の二三寸伸びた頭を剥き出して、足には草履を穿いてゐる。今一人は
                       ボクリ
木の皮で編んだ帽を被つて、足には木履を穿いてゐる。どちらも痩せて身すぼ

らしい小男で、豐干のやうな大男ではない。

 道翹が呼び掛けた時、頭を剥き出した方は振り向ひてにやりと笑つたが、返

事はしなかつた。これが拾得だと見える。帽を被つた方は身動きもしない。

これが寒山なのであらう。
                                     ソデ      ウヤウヤ
 閭はかう見當を附けて二人の傍へ進み寄つた。そして袖を掻き合せて恭しく
       チョウギダユウ シ ジセツ         ジョウチュウコク シ ヒギョタイ
禮をして、「朝儀大夫、使持節、台州の主簿、上柱國、賜緋魚袋、閭丘
                   ナ ノ
胤と申すものでございます」と名告つた。

 二人は同時に閭を一目見た。それから二人で顏を見合せて腹の底から篭み上
                                          クリヤ
げて來るやうな笑ひ聲を出したかと思ふと、一しよに立ち上がつて、厨を驅け

出して逃げた。逃げしなに寒山が「豐干がしやべつたな」と云つたのが聞こえた。
                           メシ  サイ  シル
 驚いて跡を見送つてゐる閭が周圍には、飯や菜や汁を盛つてゐた僧等が、ぞ
                   マッサオ          スク
ろぞろと來てたかつた。道翹は眞青な顏をして立ち竦んでゐた。

※「含」……「行」で「彳」の右側に「金」が挟まる
※「驕」……「馬」の代わりに「りっしんべん」

 附 寒山拾得縁起

 ツレヅレグサ
 徒然草に最初の佛はどうしてできたかと問はれて困つたと云ふやうな話があつ

た。子供に物を問はれて困ることは度々である。中にも宗教上の事には、答

に窮することが多い。しかしそれを拒んで答へずにしまふのは、殆どそれ
                        キイツケフクワイ
は嘘だと言ふと同じやうになる。近ごろ歸一協會などでは、それを子供のため

に惡いと云つて氣遣つてゐる。
       ショショ
 寒山詩が所々で活字本にして出されるので、私の内の子供が其廣告を讀んで

買つて貰ひたいと云つた。

 「それは漢字ばかりで書いた本で、お前にはまだ讀めない」と言ふと、重ねて

「どんな事が書いてあります」と問ふ。多分廣告に、修養のために讀むべき書

だと云ふやうな事が書いてあつたので、子供が熱心に内容を知りたく思つたので

あらう。
                       トコ   マ  サキ
 私は取り敢へずこんな事を言つた。床の間に先頃掛けてあつた畫をおぼえて
        カラコ         フタリ
ゐるだらう。唐子のやうな人が二人で笑つてゐた。あれが寒山と拾得とをかいた

ものである。寒山詩は其の寒山の作つた詩なのだ。詩はなかなかむづかしいと云つ

た。

 子供は少し見當が附いたらしい樣子で、「詩はむづかしくてわからないかもし

れませんが、その寒山と云ふ人だの、それと一しよにゐる拾得と云ふ人だのは、

どんな人でございます」と云つた。私は已むことを得ないで、寒山拾得の話をした。

 私は丁度其時、何か一つ話を書いて貰ひたいと頼まれてゐたので、子

供にした話を、殆ど其侭書いた。いつもと違つて、一册の參考書をも見

ずに書いたのである。
   カンザンジットク           ショシ
 此「寒山拾得」と云ふ話は、まだ書肆の手にわたしはせぬが、多分新小

説に出ることになるだらう。

 子供は此話には滿足しなかつた。大人の讀者は恐らくは一層滿足

しないだらう。子供には、話した跡でいろいろの事を問はれて、私は又已む

ことを得ずに、いろいろな事を答へたが、それを悉く書くことは出來ない。
                モンジュ     フゲン
最も窮したのは、寒山が文殊で拾得は普賢だと云つたために、文殊だの普賢だの

の事を問はれ、それをどうかかうか答へるとまたその文殊が寒山で、普賢が拾得
                                    ミヤザキトラノスケ
だと云ふのがわからぬと云はれた時である。私はとうとう宮崎虎之助さんの事を

話した。宮崎さんはメツシアスだと自分で云つてゐて、またそのメツシアスを拜

みに往く人もあるからである。これは現在にある例で説明したら、幾らかわか

り易からうと思つたからである。

 しかし此説明は功を奏せなかつた。子供には昔の寒山が文殊であつたのがわ

からぬと同じく、今の宮崎さんがメツシアスであるのがわからなかつた。私は一
   セキ
つの關を踰えて、又一つの關に出逢つたやうに思つた。そしてたうたうかう云つた。

「實はパパアも文殊なのだが、まだ誰も拜みに來ないのだよ。」

※「嘘」……「口」の部分が「言」

仏教の勉強室

日光・月光菩薩 ■十二神将 薬師八大菩薩 薬王・薬上菩薩
帝釈天・梵天   四天王   阿難       ■救脱菩薩

■瑠璃の発心 ■瑠璃の経文 ■瑠璃の仏土 ■瑠璃の東園 ■瑠璃の仏尊     

十三仏