四国八十八カ所霊場会の公認先達とは


歴史    昭和33年 内藤浅三氏(滋賀県)が最初


規則   「先達審査委員会規則」(H14.4.1 改定)

   ・先達の任務と資格 (規則第6条)
    「弘法大師の教義を信奉し、四国八十八ヶ所霊場を巡拝し、
     同行二人の振興を修得し、多数の信徒を四国巡拝に導き
     祖風の宣揚と霊場の興隆に寄与するものをもってその資格
     とする」


補任の条件

   @札所住職で構成する先達審議会において、規則にのっとり、毎年10月に決定する。
   A先達の資格取得を希望するものは、四国八十八ヶ所の札所を四周以上巡拝し、
    四国八十八ヶ所寺院一ヶ寺の住職の推薦を受けなければならない。
       8月中には、申請書を提出しなければばらない。
   B先達審議会で承認された後、毎年12月初旬に行われる先達研修会において、
    所定の課程を修了して、公認される。


公認されると 
   認定証のほかに、
      1.先達納経帖
      2.先達輪袈裟
      3.朱塗りの金剛錫杖  が授与される。


データ
   H18年  先達総数 11,546 名 (H18現在 8,381名)

        先   達    4,370名   
        権中先達    1,457名
        中 先達     963名
        権大先達     645名
        大 先達     902名
        準特認大先達  定員30名
        特認大先達   定員10名
        元老大先達   寺院先達数名

    H18 府県別人数   1. 愛媛 1140       44. 福島 3
                  2. 大阪 996        45. 山形 2
                  3. 愛知 896        46. 沖縄 1
                  4. 岡山 633        47. 山梨 0

    50周以上巡拝された先達さん   267名 金のお札。

    100周以上の方は、錦のお札  


    世代別先達数     20歳代   20名
                  30歳代   134名
                  40歳代   291名
                  50歳代   860名
                  60歳代   1959名
                  70歳代   2560名
                  80歳以上  2555名


 先達になったら、

  @どこかの観光業に登録して、「巡礼バス」などの添乗をして、参拝者を案内する。

  Aただ、ただ回数をお参りして、上位の資格を目指す。(大先達でしょうか)

  B自分の励みとして、修行を重ねる。


 私の場合

  @きっかけは、ひとりへとへとになって札所に到着して、ベンチでたたづんでいましたら、
   団体のおばさんたちがぞろぞろやってきて、「先達さん?ひとり?修行ですか?」などと
   ニヤニヤ。トイレに行くにも、白衣をきたまま。階段も逆をのぼったり下りたり。ご注意
   申し上げるにもパワーがいります。きっと、先達の輪袈裟をして、赤い錫杖をもっている
   だけで、ご注意を聞き分けてくださるだろう。それなら、やっぱり見た目にも、先達になって
   対機説法として、お声かけもしたいと思い立ちました。

  Aやっぱり、自分への励みにしたい。時として、仕事や用事に追われて、お四国から遠ざかり
   ます。そのとき、「先達」なんだから、修行しないといけないと自分に鞭打てればいい。

  B他の人に「先達」さんなら、きっと何でも知っているのではという目でみられます。
   社会ルールも違反できませんね。人の悪口や、批判もだめですよね。そういう見られ方、
   自分でも責任感や自覚が増せばいいですよね。勉強もさらにしないとだめですよね。

  C実は、過去に何度も目撃している、添乗先達さん。すごく命令口調で、お参りの方々に
   テキパキ?と指示されて、勤行。聞きますと、お参りのツアーのかたがたに信仰を多く
   望んではいけないよと。それもあって、「先達」にはならないでおこうと思っていました。
   また、お坊さんに導かれて、全員「先達」さんの団体お参りさん。整然とならんで勤行。
   粛々とお参りして、静かにお帰り。やっぱり、違うだろうと思います。
   できたら、札所で、お参りのときにこそ、ちょっと戸惑っておられたり、間違った所作を
   覚えておられるような方を見かけたら、お声をかけたいなあ。本堂の後ろに回らないと
   いけないお寺や、大師堂以外にもご覧いただきたいお堂のある札所もあります。
   階段がきつくて、上るのも大変なお年寄りにも、お手伝いしたいなあ。こころを許して
   もらえる姿をしておきたい。

  D「優婆塞」(在家の仏道帰依者、修行者)でありたい。「先達」は、出家していませんが
   授戒を受けています。自ら、宣言しています。(十善戒)その実践としての行こそ、「先達」
   行ではないでしょうか。慈悲のこころを実践する立場。在家の代表として、衆生を導き
   ともに仏道を歩み、「みちしるべ」こそ「先達」ではないでしょうか。
   兼好法師が徒然草で、「世に先達はあらまほしきことなり」と書いています。
   「道案内」でしょうか。ちょっとだけ先を歩いているのなら、後からこられる方々にお役に
   立たないといけませんよね。

  E歩いてきた道のご案内ならできますが、勤行の「頭」を勤めるのは、まだできません。
   建物や歴史、仏の説明はできますが、心を説くことはできません。
   僧侶ではないので、加行や祈祷はできません。
   行者ではないので、呪術ができるわけもありません。
  
  F私の場合、とても偶然に(運命的に)、mixiでつぶやいたら、すぐにご紹介しましょうと
   言ってくださる方と出会い、札所のご住職にお口添えいただきまして、トントン拍子に
   補任されました。本当は、もっと難しいのだろうと思います。

   納経帖も最初から狙っているのなら、同じものに重ね印をいただいて、証明にするの
   もいいでしょう。個人なら、納経所で4回以上なら声をかけてもらえるかもしれません。
   私も苦労したのですが、納経帖が2冊のうち重ね印のが1冊、白衣1回、掛け軸1回。
   証明が苦しいですね。日記や記録も大事ですよ。まあ、あせってもらうものではないの
   かも知れませんね。曼荼羅寺で、12回目のおばさんに、「わたしなんかまだまだ先達
   には、遠いですよ」って、言われてしまいましたが。

   地元の参拝講などがあれば、主宰されているご住職がお世話くださいます。
   また、四国在住の方なら、自分の県の札所に行って、申し出てお願いすることです。
   私のように他府県なら、どの札所でもOKです。ご住職のご推薦をいただきます。

   簡単にいいますが、個人でお参りの方なら、4回目以降に満願されたら、お礼参りの
   1番霊山寺で申し出て、ご相談になったらいかがでしょう。簡単に札所のご住職と知り合
   えるものでは、ありませんよね。ネットやツイッター、mixiなどで相談してみてください。
   ご推薦くださる大「先達」さんがいらっしゃることでしょう。

   ご了解いただくと、手続きの書類をいただいて記入、お寺に提出します。7月末めど。
   8月に、ご住職が県でまとめた書類を持ち寄って、審査会をするそうです。そうして、
   10月でしょうか、自宅に封書が届き、振込み用紙があって、50,000円入金します。
   先達研修会の案内がきて、H23は、12月1日でしたが、香川善通寺で、6時間の研修。
   認定書をいただき、補任されました。毎年、約400名だそうです。

  G「先達会」が、各地方にあるようです。特に「関西先達会」は大きいようですね。
   霊場の発展に寄与されておられるようですが、まだ集まる意味がよくわかりません。
   当面は、自分の「行」を中心にしたいと思います。

  H迷っています。5回目の納経帖が、28番までです。一部6回目の重ね印もありますが。
   「先達納経帖」というのをいただきました。今後は、この納経帖に重ね印を何度もいただく
   そうです。2年で2回以上いただいて、「先達」に補任した札所で、申請して上の資格を
   いただくそうです。いやはや、仏の世界もランキングですか?